吉見グループ

ごあいさつ

吉見グループ 代表企業
吉見商事株式会社
代表取締役社長
大久保 和政
 吉見グループは衣食住の食に関するサービスを「安全・安心」をキーワードに消費者の皆様に提供しております。食の流通を通じて新たな価値創造を追及し、お客様第一主義のもと地域に貢献し、食文化の向上を図っていくことが使命と考えています。

グループの主たる事業は物流センター事業を核に物流と流通をリンクさせた3PL事業*です。絶えず新しい時代に対応する革新的な経営姿勢をもって、コスト競争力のある物流グループを目指し、顧客企業様の経営の役に立つことを使命として活動しております。

現在は国分(株)グループとの連携のもと食品事業に特化した展開をしており、食品事業のグループ内年間通過金額は1,300億円超の規模を誇っております。最新の物流機能設備、情報インフラを装備し、ローコストで高品質な物流により全温度帯の食品、酒類を含めた飲料等をお届けしております。

今後は、幅広い業種への対応を目標にかかげ事業展開を図ってまいります。皆様の応援をよろしくお願いいたします。

*3PL事業
3rd party logisticsとは、企業の流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービスです。
顧客の配送・在庫管理などの業務を、プランニングやシステム構築などを含め長期間一括して請け負い、外部の物流業者などを使って業務を遂行いたします。
物流業者に業務を委託するのとは違い、3PLは「荷主の物流部門」として行動し、複数の物流業者から最も荷主の利益にかなう業者を選択したり、荷主側の要望を物流業者と交渉したりもします。
Copyright(C) YOSHIMI Group All rights reserved.